• フルミストの接種は即完売のため、終了しました。(2016/12/10)
  • フルミスト接種開始
     ようやく入荷しました。12/1から予約可能です。

  • Visa, Master, American expressカードに対応しています。

インフルエンザ基礎知識

2014~15年シーズンのインフルエンザ型検出比

 人以外に、豚や鳥に感染し、遺伝子の突然変異が起こりやすく、亜型と呼ばれる少し違うタイプなどが、すぐに発生し、流行する事がある。大きく3種類【香港型(H3N2)、ソ連型(H1N1)、パンデミック2009(H1N1 pdm)】が存在し、ソ連型はパンデミック型に置き換わりつつあります。2011年~12年は、H3N2がメインでした。2012~13年は、H1N1pdmが2%, H3N2が85%で、2013/14はH1N1 pdmが優位でしたが、2014/15シーズンは再びH3N2型が優勢でした。

 2014/15シーズンに流行したH3N2型はワクチン無効株であったため、欧米では、ワクチン効果がきわめて低く、日本で流行した株も同様にワクチン無効株が78%でしたが、当院の調査では、なぜか、ワクチン有効であり、和歌山の株はやや独特であったと考えられました。

2015/9月の時点では、WHOの発表では、H3N2型優性のままだそうです。

 

2012~13年シーズンのB型系統別割合

A型と違い、人とアシカ亜目のみに感染し、遺伝子はかなり安定しており、あまり突然変異を起さないため、今まで1シーズンに流行する株は1種類だけだったので、1度罹患すると、長期間罹患しなくなっていました。しかし、2011~12年はビクトリア系統と山形系統の2系統が流行したため、今まで罹らなかった人まで罹ったようです。
2012~13年シーズンは、ビクトリア40%で山形系統が60%でした。
2014/15シーズンは山形株優性でした。
2015/9月の時点では、WHOの発表では、山形株優性のままだそうです。

人以外に、豚に感染します。症状(熱、咳、鼻汁)が軽く、発熱期間は2日程度です。流行期間は毎年1月~6月で、他の型と比べると問題とされる事が少ないため、コマーシャルベースでの薬や敏速キット、ワクチンも開発されていません。ただし、2歳未満の乳児には、入院例も多いとのことです。
 インフルエンザワクチンを接種したのに、(インフルエンザウイルス検査陰性の)インフルエンザ様感冒と診断され1~2日高熱が出てうなされた経験がある方の中に、こういったウイルスに感染していた可能性もあります。

 人に感染するインフルエンザウイルスはA, B, Cの3タイプ存在しますが、Cは軽症のため、問題となるのはA型とB型の2種類のみです。

 最近では、H5型やH7型新型鳥インフルエンザが、新興国などでいったん発生し、2009年の新型インフルエンザ騒動の再来に備える動きもありました。

 アメリカでは、毎年主に老人など20万人が入院し、多くの人々が仕事を休むことになり、毎年のべ3800万日分の学校の登校日が休校となり失われています。

kusyami.jpg

 感染力が比較的強く、感染経路は"飛沫感染"と言って、くしゃみや鼻汁の中に含まれたウイルスが、空気中を漂って、それを吸いこんだ時に感染します。

 また、くしゃみなどで通常2m程度離れたところまでウイルスは飛びますが、飛び出したウイルス飛沫は、物の表面に付着し、平均8時間は感染性を維持します。ウイルスに汚染された表面を触ったあとに、目や、鼻、口を触る事でも感染します。(接触感染)

 いろんなところを触った手をなめたりする頻度が高いことから、子供は大人の2-3倍インフルエンザに感染しやすいといわれています。

 人に感染させる指数(再生産数)は季節性インフルエンザでは1.4、パンデミック2009では2程度です。これは、インフルエンザに感染した1人が何人に感染させるかという数字です。
 副院長の体感では、密閉された学校教室内では、2-3くらいはあるように思います。(※ちなみに、水痘、麻疹、おたふくかぜの再生産数は15もあります!)


厚労省啓発ビデオ

video1.JPG

インフルエンザ
一問一答

みんなで知って、みんなで注意!
Youtubeへ

video2.JPG

正しい手洗いの方法
 

インフルエンザにかからないために
Youtubeへ

vudeo3.JPG

新型インフルエンザが発生した場合

知っておきたい感染予防策
Youtubeへ


罹患した場合の休校(園)期間

幼稚園・保育園児の場合

  • 症状が出現してから5日以上経過しており
         且つ
  • 下熱後3日以上経過している
    発症日に6をたした日付 と 下熱日に4たした日付のうち、長い方が通園可能日

小学生以上の場合

  • 症状が出現してから5日以上経過しており
         且つ
  • 下熱後2日以上経過している
    発症日に6をたした日付 と 下熱日に3をたした日付のうち、長い方が登校可能日

policy-img01.jpg

a:7540 t:1 y:3