和歌山市 (JR和歌山駅近く)にある小児科医院。循環器, 呼吸器, アレルギー, 発達障害 ( ADHD ), トラベルクリニックにも対応

感染対策

生馬医院の感染対策

2009年 新型インフルエンザを意識して、以前から強化してましたが、2020年2月の新型コロナウイルス大流行を受けて、生馬医院の院内感染予防に対する取り組みをまとめておきます。

患者様の目線で紹介していきたいと思います。

通常受診患者様の目線

 感染症が考えられない患者様や、コロナウイルス非流行期における軽度の感冒症状の方の受診経路を示します。

 基本的にはコロナ禍が終焉するまでは無症状の方もマスク着用をお願いします。
 コロナウイルスは、無症状の時期からウイルスを排泄していますので、それを防ぐ意味もありますが、マスクする事でコロナウイルスの感染を85%低減できるという報告もあります。

Web受付

 internetから当院のWeb受付システムを使って時間帯予約が出来ます。
これによって、院内に必要以上の患者様が来院して待つために密接する事を避ける事ができます。

 また、慢性疾患の方は、オンライン診療も受診可能です。

入口~スリッパ履き替え

入口

 入口取っ手には、光触媒(東芝ルネキャット)塗布。スリッパ~下駄箱全体にも光触媒塗布しています。付着したウイルスが光で殺菌されるのを期待しています。

 1日2回、オゾン水散布による殺菌処理も追加して行っています。

 自動アルコール手指消毒器設置していますので、履き替え動作後は手指消毒をお願いします。

 最近は土足のクリニックが増えてきていますが、今回のコロナウイルス感染症は、靴を介して院内感染が伝搬された可能性も示唆されている事から、スリッパ履き替えは感染対策として成り立っているかもしれません。

 またコロナウイルス市内流行期は、1日1回のオゾンガス滅菌を行っています。

広い待合室

広い待合室
 66m2の広さがあり、時間帯予約する事によって、来院した患者様同士の間隔は、1m以上の社会的距離を保つ事が出来ます。

 1m以上の社会的距離を開ける事によって、コロナウイルス感染を82%低減する事が出来ます。(マスク着用していればさらに)
 また、椅子類には、光触媒塗布しており、1日2回のオゾン水消毒を行っています。(これをLevel 1殺菌としています)

 さらに、コロナウイルス市内流行期は、終業時にオゾンガス滅菌を行い、範囲も段階的に広げ、最終的には全館ガス滅菌(Level 3殺菌)に至ります。
Level2:遊具のガス滅菌Level2:本棚のガス滅菌Level3:全館ガス滅菌

気流の調節

煙で計測された院内の気流の向き

 合計5機の換気扇により、待合室も含め、全館の換気係数は1時間当たり12回で、浮遊菌の99%排泄にかかる時間は23分です。これは、アメリカCDC結核菌予防ガイドラインに則っています。

 院内の空気は、待合室から、隔離室まで一方通行になっており、診察室から待合室に逆流する事はありません。

各所に配置されたアルコール噴霧器

各所に配置されたアルコール

 受付や、雑誌類近く、トイレ内など、各所にアルコールを配置し、気軽に手指消毒しやすい環境を用意しています。




一般トイレ

一般トイレ

 一般トイレは接触部位に光触媒塗布し、コロナウイルス市内流行時は、1日1回のオゾンガス滅菌を実施しています。

 1時間あたりの換気回数は69回で、空中浮遊菌の99%排出にかかる時間は4.2分です。

 今後改装予定で、さらに強化する計画になっています。殺菌性をさらに気にする方は、後述の検査用トイレを使用していただいてもかまいません。

感染症発症患者様の目線

 コロナウイルスやインフルエンザ、みずぼうそう、風疹、麻疹など、他人に感染させやすい、または、法定伝染病に罹患したかもしれないという患者様の受診目線で解説します。

 これは、これらの病気に感染したことが疑われる方全員に該当しますので、感染しているかどうかわからなくても、インフルエンザ流行期は高熱の方、コロナウイルス流行記は微熱の方も含まれます。

 このタイプを考えている患者様は受診前に必ず当院に電話連絡していただき、受付で指示を仰いでください。

駐車場

医院隣に駐車場があるため、感染疑いの強い方は、車で来院いただき、駐車場で待機していただきます。

感染が疑われる方の診察や処置は駐車場内で行う場合もあります。

感染者専用入口

感染者専用入口

 完全に別棟から感染患者様専用の入り口を用意しており、空気は外から専用入口を通って隔離室に流れるように、気流調節しています。

 また通路内は、紫外線殺菌可能な設計のため、1人患者様が出入りするたびに、通路内が殺菌される仕組みになっています。


感染隔離室

隔離室です。ちなみに、中央の白い丸椅子は当院開院時(昭和3年)から使用している椅子です

紫外線殺菌中の写真です。ウイルスはおよそ4.5分で殺菌できます。

 陰圧設計の隔離室です。毎時換気回数は130回/hrで、感染浮遊ウイルスの99%除去に必要な時間は、推定2.3分です。

 室内表面には、光触媒(東芝ルネキャット)塗布し、LED光が当たるだけで除菌される仕組みを取り入れていますが、紫外線殺菌灯により、室内が無人であれば、紫外線殺菌が自動で行われる仕組みを取り入れています。
(当院の紫外線出力によるウイルス殺菌に必要な時間は約4.5分です。)

 これにより、患者様一人利用する毎に紫外線殺菌を行い、常に清潔を保つことによって、次に利用する方に感染を伝搬させない工夫をしています。
 また、オゾンガス滅菌器も常設しており、1日1~2回、高濃度オゾンにより室内隅々まで滅菌可能です。

 この部屋では、診察だけでなく、吸入や吸引処置、採血、など、エアロゾルを発生させる可能性のある処置も行えるようになっています。

ベッド、レントゲン室

処置ベッド、超音波室

ベッド、レントゲン室の紫外線殺菌中

 感染者も利用できるよう、陰圧設計になっています。
感染者からの感染を恐れるがあまり、感染と関係のない病気を見落とす事が良くあります。(例えば、コロナウイルス感染者の心筋梗塞併発例など)

 そんなとき、医師が感染を恐れて検査をしないで放置すると、命に係わる場合があります。かといって、なんでも総合病院に丸投げすると、重傷者の救急に負担がかかります。

そんな状況を避けるために必要な事は、感染者に検査機器を使用したとしても直ちに機器を殺菌し再利用できる仕組みです。

(感染者専用の検査機器を別々に用意したとしても、最初に使った人がコロナウイルスだったとして、次に使った人が、自己免疫疾患の発熱だったりした場合、感染伝搬させてしまいますから。)

 そこで、当院では、感染者が利用した場合は、アルコール塗布によるふき取りだけでなく、紫外線殺菌により毎回殺菌処理を行い、使用した日の終業後は、オゾンガス滅菌を行っています。

検査用トイレ

検査用トイレ検査用トイレ紫外線殺菌中
 時間換気回数は24回/時間で、浮遊菌99%除去に必要な時間は11.9分です。
 光触媒塗布、ナノイー除菌脱臭常設していますが、これも、使用後、無人になると紫外線殺菌が自動で行われる仕組みを取り入れており、ウイルス殺菌に必要な時間は4.5分です。これにより、個別清潔を維持しています。


生馬(いこま)医院
小山博史
和歌山市吉田436
073-422-1458
a:211 t:6 y:8

powered by HAIK 7.3.4
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional