和歌山市 (JR和歌山駅近く)にある小児科 ・ 内科 医院,小児科 専門医、臨床内科専門医がそれぞれ担当, 循環器 ・ 呼吸器 ・ アレルギー , 発達障害 ( ADHD ), トラベルクリニックにも対応

生活環境衣類寝具

a:4956 t:1 y:5

生活環境

暑い季節

  1. 室温は25℃前後(外気との差は5℃以内)
    1. 背中に手を入れてみて、汗をかいていたら着せすぎです。
    2. 湿度は50‐60%が適当です。
  2. クーラー使用時は外気との差は5℃以内にしましょう。
    1. クーラーの風が直接赤ちゃんにあたらないようにしましょう。
  3. 扇風機使用時は首振りにするか、赤ちゃんとの距離をおきましょう。

寒い季節

  1. 室温は20-25℃、湿度は50-60%が適当です。
  2. 暖房器具は空気を汚さないヒーターや電気ストーブが良いでしょう。
    1. 暖房器具使用中は湿度を保つようにしてください。
  3. 空気の入れ換えを時々行いましょう。
  4. 手足が冷たいときは、手袋、靴下など衣類や寝具で調節しましょう。
    ※ あまり厳密に考えすぎず、一緒に生活しているお母さんが快適と思える程度でいいでしょう。適当な寝具の下では、冬の深夜でも10℃以下にならなければ概ね大丈夫です。

衣類・寝具

  1. 衣類
    吸湿性に優れているのが第一条件です。洗濯に耐えられるよう、綿100%のものを選ぶとよいでしょう。

    赤ちゃんの動きを妨げない事が大切です。衣類は大人より1枚多めが基本ですが、汗ばんでいる場合は調節しましょう。

    ※夏、暑いからといって、短い下着とオムツにするのではなく、長く薄い下着を着せて汗を吸い取った方があせもが出来ず、快適です。汗をかいているときにはこまめに着替えさせましょう。

    ※新しいものは一度洗ってから使用しましょう。また、柔軟剤は使用しないほうがよいでしょう。

  2. 寝具
    敷布団は硬いもの、掛け布団は軽いものが良いです。シーツはたくさん用意して、汚れる度に取り替えましょう。(または、バスタオルを代用すると便利です。)
    天気の良い日は布団を干すようにしましょう。

  3. オムツ
    濡れたら替えるのが原則です。泣いている時は確かめましょう。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional