和歌山市 (JR和歌山駅近く)にある小児科 ・ 内科 医院,小児科 専門医、臨床内科専門医がそれぞれ担当, 循環器 ・ 呼吸器 ・ アレルギー , 発達障害 ( ADHD ), トラベルクリニックにも対応

認可不活化ポリオワクチン

認可不活化ポリオワクチン

★接種予約方法★
お電話または、Web受付にてご予約ください。
(TEL:073-422-1458)

当院は特に接種希望者様からご指定がない場合、厚労省スケジュールで大腿部に皮下注射します。

認可不活化ワクチンの種類

ワクチン名称種類製造会社製造国ワクチン株当院
取扱予定
発売日
イモバックス
ポリオ皮下注
単独
ポリオ
サノフィ
パスツール社
フランスソーク
(Salk)
あり2012年
9月
テトラビック
皮下注シリンジ
4種混合
百日咳
ジフテリア
破傷風
ポリオ)
一般財団法人
阪大微生物
病研究会
日本セービン
(Sabin)
要相談2012年
11月
クアトロバック
皮下注シリンジ
一般財団法人
化学及血清
療法研究所
日本セービン
(Sabin)
要相談2012年
11月
スクエアキッズジャパンワクチン
株式会社
日本ソーク
(Salk)
あり2015年
1月以降

イモバックスポリオ皮下注

イモバックスポリオ皮下注
当院が独自輸入して2010年9月から接種していたもので、2012年9月に晴れて日本で認可された、ソーク株由来の単独不活化ポリオワクチンです。
世界シェア70%で、発売20年以上の安全な使用実績があります。
本来は大腿部に筋肉注射する製剤ですが、厚労省が筋肉注射を嫌うため、皮下注に限定されました。

厚労省接種スケジュールで接種すれば、公費定期接種となります※1。

厚労省接種スケジュールアメリカCDC接種スケジュール
接種年齢3か月~90か月2か月~
接種間隔1回目~3回目:3週~8週間隔で
4回目:3回目から6~18か月後(生後90か月まで)
※1ただし、2015年9月頃までは、
3回目の接種間隔は、6か月~12か月
など間隔をあけても良い。
1回目~2回目:4~8週間隔で
3回目:2回目から6~12か月後
4回目:4歳以降
有効免疫
期間
10~15年(推定)※220年以上

※1:国は第4回 不活化ポリオワクチンの円滑な導入に関する検討会において、『当分の間(3年程度)に限って、....56日以上の間隔をおいての接種を可能とするものである。』と述べており、和歌山市では、3回目接種をCDC方式で接種しても公費対象となりますが、他の自治体では対象にならない場合がありますので、問い合わせてください。

※2:4歳以降で追加接種(4回目)を行わない場合、途中で免疫が切れる可能性をメーカーは海外で訴えていますが、日本の厚労省は今の所アナウンスがありません。よって、現在の厚労省スケジュールに4歳以降の5回目の接種が追加されないままでは、長期の免疫は望めません。現在、5回目の接種計画に基づいた治験が実施されており、近いうちに5回目接種が実現しそうです。

スクエアキッズ皮下注シリンジ

スクエアキッズ皮下注シリンジ

 北里第一三共製の三種混合ワクチン(沈降精製百日せきジフテリア破傷風混合ワクチン)とサノフィパスツール社製のソーク株不活化ポリオワクチン(イモバックスポリオ)の合剤です。

 安全性、効果の面で、もっとも評価の高いイモバックスポリオとの合剤のため、当院一押しで仕様していく予定ですが、いろいろ行政からのクレームで、販売開始が伸び伸びていましたが、2015/12/15からようやく、当院で接種開始となりました。

テトラビック皮下注シリンジ・クアトロバック皮下注シリンジ

テトラビック皮下注シリンジ

世界初のセービン株由来不活化ポリオワクチン三種混合ワクチン百日咳ジフテリア破傷風混合ワクチン)とが配合された4種混合ワクチンです。
 WHOの推奨するセービン株をいち早く商品化しましたが、治験人数があまりにも少なく(1000人未満)、他国での使用実績もなく、免疫効果がソーク株由来より劣るという前評判もありますので、安全性、長期免疫効果の両方における不安要因があるため、当院では暫く使用を控えていましたが、三種混合ワクチン製造終了のあおりを受けて2014年12月からクアトロバックを2015年12月頃まで使用していました。
(※積極的接種希望者は別途事務にお申し付けください。)

a:4863 t:2 y:0

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional