和歌山市 (JR和歌山駅近く)にある小児科 ・ 内科 医院,小児科 専門医、臨床内科専門医がそれぞれ担当, 循環器 ・ 呼吸器 ・ アレルギー , 発達障害 ( ADHD ), トラベルクリニックにも対応

現在流行中のウイルス疾患

現在流行中のウイルス疾患

小児における傾向ですが、

インフルエンザA

症状は、発熱、咳、(ワクチン未接種者は怠さ)、頭痛、手足の痛み 

1/7の授業開始の3日後あたりから増えているはずですが、ちょうど3連休のため、連休開けの13から患者数が2倍に増えています。

しかし、3連休の間の隔離効果により、14-15あたりは、一旦減少しましたが、連休あけ13日の3日後の16から再びさらに1.5倍に増加しています。

一般的に学級閉鎖は、土日を入れず3日連続(実質5日連続)が流行阻止に有効とされています。

 同クラス内で3日以内にインフルエンザ発症者が3人以上いると、ほぼ間違いなくインフルエンザを感染しているようです。

 こういう濃厚接触者が増えてきますと、インフルエンザ注射ワクチンを2回接種した方も発症してきているようです。

感染性胃腸炎

 おそらく、ノロウイルスと思われる嘔吐、下痢、1日だけの発熱

夜中に嘔吐開始後は、アクアライトORS、OS-1や、ポカリスエット500mlに食用重曹1g加えたものなどを、ちょびちょび服用し耐えれば、嘔吐開始後12時間程度で嘔吐は止まる事が多いです。

RSウイルス

 咳、多量の鼻汁、喘鳴

やや減少してきています。1歳未満は酷くなる傾向があります。熱はでない人が多いですが、出る場合は、夜だけの熱が4日程度出る事があります。

アデノウイルス

 眼脂、高熱

 本来夏風邪と言われるアデノウイルスですが、現在増えてきています。
夜の高熱が1-4日程度続きます。

インフルエンザB

 今の所、小児での発症者はいませんが、成人で出始めています。

a:2842 t:1 y:0

コメント


認証コード2362

コメントは管理者の承認後に表示されます。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional