和歌山市 (JR和歌山駅近く)にある小児科 ・ 内科 医院,小児科 専門医、臨床内科専門医がそれぞれ担当, 循環器 ・ 呼吸器 ・ アレルギー , 発達障害 ( ADHD ), トラベルクリニックにも対応

PM2.5と長引く咳

PM2.5と長引く咳

a:3792 t:1 y:0

急増していた花粉量は、先週から減少傾向に入りました。
ブナ・コナラもピークを越えまして、これから、イネ科単独の時期が梅雨あけの9月まで続きます。

ようやく花粉症の時期が終焉に向かいます。(イネ科は梅雨明けにもう一度増えますが)

長引く咳はPM2.5が原因?

「咳が長引くので、PM2.5のせいでしょうか?友達がPM2.5濃度が上昇していると言うので。」とおっしゃる方が増えています。
 こちらのサイトで、1.5倍とか、表示されてるから気になるんでしょうか?

 理論上、PM2.5の上昇は肺胞障害をもたらし、アレルギーや気管支炎、肺癌のリスクを上昇させますが、短期的にその作用をもたらすには、上海レベルの濃度が必要で、200~300μg/m3程度必要です。

PM2.5濃度とアレルギー薬処方者数との関係

 右の図は、2013年に当院で調査したPM2.5濃度と咳嗽関連薬を処方した人数の推移ですが、(上段の棒グラフがPM2.5の和歌山市週間平均濃度です。市立和歌山高校、小倉小学校、西保険センターの平均値。)これに、今年のPM2.5の推移を示しています。
 結論から言えば、和歌山市のレベルでは、無症状です。ので、関係ありません。気にしないでください。今の時期は、感冒罹患後咳嗽が最も多いです。

コメント


認証コード9676

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional