和歌山市 (JR和歌山駅近く)にある小児科 ・ 内科 医院,小児科 専門医、臨床内科専門医がそれぞれ担当, 循環器 ・ 呼吸器 ・ アレルギー , 発達障害 ( ADHD ), トラベルクリニックにも対応

子宮頸がんワクチン副作用研究のスキャンダル

子宮頸がんワクチン副作用研究のスキャンダル

a:2793 t:2 y:4

 子宮頚癌ワクチン後の副反応として報告されている、けいれんや、全身の疼痛障害、記憶障害などについて、厚労省の副作用研究班は2つのグループに分かれて、研究報告を行ってきました。

  • 1つは、精神疾患による障害がワクチンとは関係なく、ワクチン接種後に発症した可能性について考える牛田享宏グループ
  • もう1つはワクチンによって自己免疫疾患が誘発された可能性について考える池田修一グループ。
池田グループの脳炎マウス

特にTBSが報じた池田グループの研究結果は衝撃的で、サーバリックスを投与したマウスにだけ、脳(記憶に関係する部位である海馬)に異常な抗体が沈着し、脳炎を起こしている写真を公開し、人々は恐怖しました。

 この他、「副作用被害者の80%に、日本人の40%にみられる特定のHLA遺伝子が集積されている」とかいうのもあったんですが、これに関しては、ちょっと研究囓った医師なら、「ん?それの何処が有意なの?」レベルでスルーする内容でしたので、問題にはしてませんでしたが、マウス脳炎のインパクトは医者にとっても大きかったんです。

 今回、雑誌WEDGEの医師兼記者でもある村中璃子さんの取材によって、池田グループ内から内部情報が洩れ、例の脳炎マウスの報告がでっち上げである事が暴露され、大騒ぎになっておりますが、マスコミは今までのところ何も報じていません。

この問題の大きさは

  1. 厚労省から依頼された研究で、でっち上げ報告をした。
  2. その内容に恐怖した一般人は当然ワクチン接種を控えるため、結果、年間9800人とされる子宮頚癌発生患者が(他国はワクチン接種してるから減っていくのに日本だけ接種者数が増えないからガンの発生が)減らず、将来死人が大勢でる可能性が高くなった。

の2点です。
、STAP細胞事件との違いは、将来大勢の死人が出るかもしれないということであります。

 この問題に対して、医師コミュニティーでは、大スキャンダルだと大騒ぎしているのに、マスコミは無反応であります。

 まあ、同日に起こったイギリスのEU離脱問題による為替急落も死人が出るレベルではありますが、それにしても、副作用報告の時は、あれだけ大騒ぎして取り扱って、この大スキャンダルをスルーしたら、それは、大変バランス欠いてます。

 神戸大学大学院医学系研究科感染治療学分野教授 岩田健太郎先生もさっそく噛みついてくれています。

 ただ、マスコミはもう少し大きな組織が研究不正を認めた後から動き出す傾向があるようで、もうしばらく様子見なのかもしれません。

 とはいえ、このスキャンダルが報じられることが確実となったあたりで、池田教授は第三内科主任教授と医学部長を辞任すると言い出しているという情報も入っております。

 こういった騒動で子宮頚癌ワクチン行政が停滞し、海外ではすでに癌カバー率90%近い9価ガーダシルが発売されているというのに、いまだ日本で使用できるのはカバー率70%の旧型の4価ガーダシルであり、大変悲しい状況です。

 衝撃的なワクチン副作用の内容は最初にインパクトのある報告を行った場合、その報告が後に誤りであったと訂正されたとしても、最初の報告を上回るほど周知されず、その結果、誤解を持ったまま、広まり続けるという事がほとんどで、

 ワクチン中のチメロサール(水銀)と自閉症の関係をでっち上げ報告したウェイクフィールド事件も、その後、否定する報道が何度なされても、未だにワクチン中のチメロサールが悪いと思い込んでいる人は無くならないわけです。

関連リンク

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional