和歌山市 (JR和歌山駅近く)にある小児科医院。循環器, 呼吸器, アレルギー, 発達障害 ( ADHD ), トラベルクリニックにも対応

遠隔(オンライン)診療開始について

遠隔(オンライン)診療開始について

a:1122 t:16 y:5

遠隔診療システム[Curon]で遠隔診療を開始いたしました。

遠隔診療説明PDFダウンロードボタン

発達障害やメンタル系の投薬は認められていません(麻薬及び向精神病薬~一部睡眠薬が処方不可で、自立支援医療にも対応していません。)が、それ以外の診療は可能です。

あくまで、問診と視診だけの診療になります。電話での診察とほとんど変わりませんが、予約システムを使えるので、1本の電話回線を使わないので、スムーズです。システム手数料は330円と、当院の手数料が、500円(保険外)かかります。

※今回のオンライン診療は初診の方も利用可能です。これはコロナウイルスによる緊急的な一次措置によるものですので、3か月ごとに制度が見直されます。そのうち遠隔診療の縛りが強くなり、簡単には利用できない(例えば、感冒の初診では使用できない)ものに変更となると考えています。

まずは、練習も兼ねて少ない診療枠から開始しまして、今後は枠を増やしていこうと思います。

まずはCuronアプリをスマホにダウンロード

以下のQRcodeを使って自分のスマホにインストールしてください。
アプリQR code

Curonに登録

メールアドレスを登録してログインしてください。

基本情報の登録

自分の氏名、住所を登録

医療機関を登録

当院の医療機関コード”cf0f "を入力するか、以下のQRcodeをCuronアプリで読み取って、自分と生馬医院を紐づけしてください。
生馬医院コード

生馬医院で承認作業

再診を選んだ場合、送信されたデータと当院の記録とを照合して本人かどうか確認します。
確認が終わりますと、こちらから問診表を送りますので、それを使って診療の予約ができるようになります。
 この時、誕生日などの入力間違いがあると、当院でも患者側でも変更が出来ないため、Curon本部に変更をしてもらう必要があり、それまで利用できませんので、くれぐれも入力データにお間違いの無いようお願いいたします。

初診を選んだ方はそのまま予約が取れるようになります。
初診を選んだ方は自動的にコロナウイルス関係の問診表が送られるように設定しています。

予約を取る

再診を選んだ方は、医療機関で内容確認ができますと、問診表が送られてきますので、それを記入してクレジットカード登録を行えば、予約が取れるようになります。

家族の情報も登録

 再び医療機関を追加 ボタンを押して、生馬医院を選択し、新規登録から、自分の家族の情報を登録して、その方と生馬医院を再び紐づけします。

診察を予約

紐づけできた人の生馬(いこま)医院ボタンを押して、診療予約を開始します。

 保険診療を選択してください。当院の薬を現在飲んでいない方は、取り敢えず初診でご予約ください。診療後こちらで判断します。

2回目以降の遠隔診療について

Curonの仕様で、2回目の診療は初回診察後に再診用の問診表をお送りした場合は、それを使って、再診できます。

 治癒扱いにした場合は、患者様からは次回受診操作できませんので、直接当院にお電話いただいて、オンライン希望を告げていただいたら、こちらから問診表をあなたのCuronに飛ばしますので、それを記入すれば、予約が取れるようになります。

(2回目以降がやや起動性に欠けるんですが、本来遠隔診療は慢性疾患の持続管理が目的のソフトなので、今回、コロナで急遽初診も見るようになったので、使いにくく感じるみたいです。慢性疾患がなく、毎回感冒で治癒しては、初診となる小児には向かないシステムではありますが、コロナ禍の期間は、オンラインシステム上は診察終了時に、毎回再診で問診表をお送りして、次回受診がすぐに出来るようにしておきます。)

投薬の方法について

慢性疾患の投薬日数は最大30日です。
急性疾患の処方日数は医学的常識の範囲内です。

投薬方法には以下があります。基本的に他人との接触を最低限にするのは1〜2です。

  1. 当院の指定する薬局から着払いで家に薬を郵送してもらう。
    ・郵送してくれて、処方箋は当院まで引き取りに来てくれるという約束が取れている薬局にお願いして送ってもらいます。今のところ2社です。
    ・クロン登録時の住所を薬局に知らせますので、その事を了承してください。
    ・薬到着に1〜2日程度かかる場合があります。
  2. 処方箋を自宅に郵送してもらう。
    ・郵送費を負担してもらいます。
    ・処方箋到着に1~2日程度かかります。
  3. 薬を当院に取りに来る
  4. 当院近くの薬局に薬を取りに行く
    ・薬局によっては、薬局に処方箋を郵送必要な場合がありますので、当院から遠い薬局を指定される場合は、処方箋の郵送費を負担してもらう必要があります。処方箋内容はFaxで飛ばしますので、薬はすぐにもらえます。

初診の場合の処方制限

 診療録から慢性疾患の経過が推定できない方(当院にしばらく受診していなかった方も含む)は最長投薬日数は7日に制限されています。
 また、麻薬及び向精神薬(睡眠薬など)の処方は不可で、ハイリスク薬(抗がん剤、免疫抑制剤、不整脈薬、抗てんかん薬、抗凝固薬、ジギタリス製剤、テオフィリン製剤、精神神経薬、糖尿病薬、インスリンなどの膵臓ホルモン剤、抗HIV薬など)も処方できません。

コメント


認証コード7674

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.4
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional